teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:28/113 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

こんにちは。

 投稿者:りっちゃんメール  投稿日:2005年 5月13日(金)22時24分32秒
  通報 返信・引用
  トルコ、いいですね~。行きたい国の一つです。

エルサレムは3宗教の聖地が隣り合わせなので、背筋をピーンと伸ばして行動しないといけないな、って思わせる「神聖」な雰囲気がありました。自分は今歴史の世界にいるんだ、と思いました。(写真をパシャパシャ撮って楽しむという雰囲気では無かったです。)嘆きの壁を見渡せる場所では30分位立って見ていました。時間が経つのを忘れます。

出入国の件ですが、パスポートに出入国の記録を残さない様に「No stamp please」と言ってから入国管理官にパスポートを渡しました。そうすると、相手も心得ていて、別紙にスタンプを押して、出国の際はこの紙を渡しました。(その後主人はパスポートが切れるまで日本を離れなかったので、「スタンプ押してもらえばよかった~!」と悔やんでました。)

ブータンの「仏教徒の証明」の件ですけど、我々がその時思ったのは、「実家のお墓のあるお坊さんに頼んで一筆書いてもらって、自分で英訳しておく。」です。日本人なので仏教の国ということはわかってくれていました。

プータンは確かに高いです。でもその料金にホテル、3食、ガイド、運転手が付いているので、そう考えれば、ま、そんなもん?お土産は大したものがないので、お金を使うところが無かったです。マンダラが欲しかったのですが、売っているマンダラは子供が書いたのかしらん、と思うような幼稚な出来だったので、買いませんでした。

我々はインターネットでプータン国内にある旅行社を見つけて申し込みました。ツアーしか受け入れない国ですが、ダンナと私の2人のツアーとして手配してもらいました。すべてスケジュールは決まっていますが、事前にどこに行きたいのかとか聞いてくれて、こちらのリクエストをすべて満たしてくれました。(私達はお祭りが見たかった。)自由は宿泊地に着いた日の夕方に結構ありました。(ほとんど毎日が移動です。)食事が旅行者向けの料理(辛くない)だったのにがっかりして(朝なんてコーンフレーク!)、ガイドさんに「現地の食事がしたい」とお願いしたところ、「本当に現地の食事でいいのか?」と何度も聞かれましたが、現地の人の行くレストランに1回連れていってくれました。

いつか時間ができたら私も「エルサレム日記」と「ブータン日記」をサイトにアップさせてみます!
 
 
》記事一覧表示

新着順:28/113 《前のページ | 次のページ》
/113