JA2BQX 掲示板



カテゴリ:[ 趣味 ]


161件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[164] e-QSLの日本語アップロード

投稿者: JA4AQS 山口 投稿日:2019年 3月20日(水)12時55分55秒 p635093-ipngn200603niho.hiroshima.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

初めて投稿させていただきます、e-QSLの日本語対応にeQSL2.Thwを便利に使かっています、有難う御座います。
さて、題名の件ですが3月17日までは日本語及び日本語を含まないもの両方共正常にアップロード出来ていましたが今日(3月20日)アップロードしょうとしたら含まないものは正常にアップ出来たのですが、日本語を含むものは「5-2次のデータの転送を準備、転送」のボタンを押すとe-QSLからログインしていないとのエラーメッセージが出ます、ログインしてもアップロード出来ていません。
e-QSL側の問題か、私の操作の問題かもしれませんが確認して頂けませんでしょうか。・・・お忙しいところ申し訳ありません。
環境はeQSL2ThwはVer0.43  Hamlogは5.28 PCはWin7 pro64bitです。




[163] Re: LoTW2THW ver0.09について

投稿者: JA2BQX 投稿日:2019年 3月 6日(水)19時31分3秒 p637072-ipngn200507sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用 > No.162[元記事へ]

1ケ所、気になるところを修正したらOKの様です。
LoTW2Thw ver0.10 を公開しました。



[162] Re: LoTW2THW ver0.09について

投稿者: JA2BQX 投稿日:2019年 3月 3日(日)18時04分57秒 p637072-ipngn200507sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用 > No.161[元記事へ]

こんばんは。
この件に関しては質問者とメールでやりとりを始めました。
エラーログ取得を少し細かくやる様に修正しています。



[161] Re: LoTW2THW ver0.09について

投稿者: JA2BQX 投稿日:2019年 3月 2日(土)06時44分10秒 p637072-ipngn200507sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用 > No.160[元記事へ]

こんにちは。

「環境設定」Hamlog.hdb のパス は正しく出来ていますか?
Hamlogは終了させた状態にしてありますか?

>  1. LoTWへのログオンからDownload report 変換までは順調です。lotwreport.csvも作成されま   す。
>  2. 次にQSL MARKの編集を行い、保存・戻るまで行い、Hamlog.hdb解析と表示ボタンを押すと添付のよ  うなエラーメッセージが表示されます。hamlog_tmp_.csv、hdb_key_ary_.csvファイルは中身があ  りません。

LoTW2Thw.exe のあるフォルダ内に error.log があると思います。
エラーで終了してしまった時点でのerror.logを見せて下さい。
私宛のメールで送ってくれる方が良いかも知れません。



[160] LoTW2THW ver0.09について

投稿者: JP1PBP 池上 投稿日:2019年 3月 1日(金)16時30分17秒 27-143-65-94.rev.home.ne.jp  通報   返信・引用

太田様
 初めまして。
 貴局が開発されましたLoTW2THWを利用させていただこうと思い、インストールの上、作業を開始いたしましたが、下記のエラーメッセージが出て途中でストップしてしまいます。当方プログラム等の知識皆無のため、お伺いさせていただく次第です。
<エラーメッセージが出るステップ>
 1. LoTWへのログオンからDownload report 変換までは順調です。lotwreport.csvも作成されま   す。
 2. 次にQSL MARKの編集を行い、保存・戻るまで行い、Hamlog.hdb解析と表示ボタンを押すと添付のよ  うなエラーメッセージが表示されます。hamlog_tmp_.csv、hdb_key_ary_.csvファイルは中身があ  りません。
<使用PC>
  Windows10 64bits版 Excel2013
インストールのやり直しも行いましたが、同様の現象となります。ご多用のところ誠に恐縮ですが、ご教示賜れば幸甚です。

<エラーメッセージ中の内容の添付の仕方が分かりませんのでここに貼り付けます>
************** 例外テキスト **************
System.AccessViolationException: 保護されているメモリに読み取りまたは書き込み操作を行おうとしました。他のメモリが壊れていることが考えられます。
   場所 LoTW2Thw.Module2.idx_search(TIDXh& p, String& s, Int32 l)
   場所 LoTW2Thw.Module2.search_THW_index_call()
   場所 LoTW2Thw.Form4.Button2_sub_2()
   場所 LoTW2Thw.Form4.Button2_Click(Object sender, EventArgs e)
   場所 System.Windows.Forms.Control.OnClick(EventArgs e)
   場所 System.Windows.Forms.Button.OnClick(EventArgs e)
   場所 System.Windows.Forms.Button.OnMouseUp(MouseEventArgs mevent)
   場所 System.Windows.Forms.Control.WmMouseUp(Message& m, MouseButtons button, Int32 clicks)
   場所 System.Windows.Forms.Control.WndProc(Message& m)
   場所 System.Windows.Forms.ButtonBase.WndProc(Message& m)
   場所 System.Windows.Forms.Button.WndProc(Message& m)
   場所 System.Windows.Forms.Control.ControlNativeWindow.OnMessage(Message& m)
   場所 System.Windows.Forms.Control.ControlNativeWindow.WndProc(Message& m)
   場所 System.Windows.Forms.NativeWindow.Callback(IntPtr hWnd, Int32 msg, IntPtr wparam, IntPtr lparam)


************** 読み込まれたアセンブリ **************
mscorlib
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.9035 (WinRelRS5.050727-9000)
    コードベース: file:///C:/Windows/Microsoft.NET/Framework/v2.0.50727/mscorlib.dll
----------------------------------------
LoTW2Thw
    アセンブリ バージョン: 1.0.0.0
    Win32 バージョン: 1.0.0.0
    コードベース: file:///C:/JA2BQX/LoTW2Thw_009/LoTW2Thw.exe
----------------------------------------
Microsoft.VisualBasic
    アセンブリ バージョン: 8.0.0.0
    Win32 バージョン: 8.0.50727.9031 (WinRelRS5.050727-9000)
    コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/Microsoft.VisualBasic/8.0.0.0__b03f5f7f11d50a3a/Microsoft.VisualBasic.dll
----------------------------------------
System
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.9036 (WinRelRS5.050727-9000)
    コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.dll
----------------------------------------
System.Windows.Forms
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.9031 (WinRelRS5.050727-9000)
    コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Windows.Forms/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.Windows.Forms.dll
----------------------------------------
System.Drawing
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.9031 (WinRelRS5.050727-9000)
    コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Drawing/2.0.0.0__b03f5f7f11d50a3a/System.Drawing.dll
----------------------------------------
System.Runtime.Remoting
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.9031 (WinRelRS5.050727-9000)
    コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Runtime.Remoting/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.Runtime.Remoting.dll
----------------------------------------
Microsoft.mshtml
    アセンブリ バージョン: 7.0.3300.0
    Win32 バージョン: 7.0.3300.0
    コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC/Microsoft.mshtml/7.0.3300.0__b03f5f7f11d50a3a/Microsoft.mshtml.dll
----------------------------------------
System.Windows.Forms.resources
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.9031 (WinRelRS5.050727-9000)
    コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Windows.Forms.resources/2.0.0.0_ja_b77a5c561934e089/System.Windows.Forms.resources.dll
----------------------------------------
System.Core
    アセンブリ バージョン: 3.5.0.0
    Win32 バージョン: 3.5.30729.9034 built by: WinRelRS5
    コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Core/3.5.0.0__b77a5c561934e089/System.Core.dll
----------------------------------------
System.Data
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.9031 (WinRelRS5.050727-9000)
    コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_32/System.Data/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.Data.dll
----------------------------------------
System.Xml
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.9031 (WinRelRS5.050727-9000)
    コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Xml/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.Xml.dll
----------------------------------------
System.Transactions
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.9031 (WinRelRS5.050727-9000)
    コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_32/System.Transactions/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.Transactions.dll
----------------------------------------
System.EnterpriseServices
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.9031 (WinRelRS5.050727-9000)
    コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_32/System.EnterpriseServices/2.0.0.0__b03f5f7f11d50a3a/System.EnterpriseServices.dll
----------------------------------------
System.Configuration
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.9031 (WinRelRS5.050727-9000)
    コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Configuration/2.0.0.0__b03f5f7f11d50a3a/System.Configuration.dll
----------------------------------------
mscorlib.resources
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.9035 (WinRelRS5.050727-9000)
    コードベース: file:///C:/Windows/Microsoft.NET/Framework/v2.0.50727/mscorlib.dll
----------------------------------------

************** JIT デバッグ **************
Just-In-Time (JIT) デバッグを有効にするには、このアプリケーション、
またはコンピュータ (machine.config) の構成ファイルの jitDebugging
値を system.windows.forms セクションで設定しなければなりません。
アプリケーションはまた、デバッグを有効にしてコンパイルされなければ
なりません。

例:

<configuration>
    <system.windows.forms jitDebugging="true" />
</configuration>

JIT デバッグが有効なときは、このダイアログ ボックスで処理するよりも、
ハンドルされていない例外はすべてコンピュータに登録された
JIT デバッガに設定されなければなりません。




(池上)




[159] Re: eQSL2Thw操作について

投稿者: JA2BQX 投稿日:2019年 2月28日(木)20時23分24秒 p637072-ipngn200507sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用 > No.158[元記事へ]

こんばんは。

> ログインですがeQSL2Thwを立ち上げてeQSL2Thw内にコールサイン、パスワードを入力してパスワード下のlog InをクリックするとeQSLのオープニング画面になりますがeQSL2Thwのlog Inをクリックするとエラーになります。このlog Inはどのような時に使うのでしょうか?

手動でのログインでは無くて eQSL2Thw.exe を使う時のログインです。
eQSL2Thw.exe 上に表示されたeQSL.cc上のログインをクリックする必要はありません。
IDやパスワードをeQSL2Thw.exeが記録しています。

ログインエラーが出るのはIDやパスワードが間違いはないですか?

> Archiveのボタンが非アクティブとなってます。いろいろ操作すると一度だけアクティブになって処理が進みQSL受領マークまで進みました。eQSL2Thw初期画面のArchiveボタンをアクティブにするにはどのようにするのでしょうか?

eQSl2Thw でログインをしたら Archive のファイルを取得します。
eQSl2Thw のページに古いですがHELPファイルがあったと思いますので見て下さい。
またJA1XUY で検索すると詳しい使用方法がありますので探して下さい。

> また、QSL受領マークのoldの項目の意味がわかりません。

「old」...古い、前の、以前の...と言う「old」のそのままの意味です。
QSLを受領する前と後..と言う事です。

Hamlog 上でのQSL受領で考えて、QSL印刷、発送した時点ではQSL欄は [ J* ] とかの
2文字で3文字目が空白だと思います。
紙QSLを受領したら Hamlog 上の処理で*マーク(人により異なるかも?)を付けます。
ここの空白が「前=old」です。 eQSL2Thw 上でeQSLを受領(データがマッチしたら)どの文字に
書き換えるか(これがnewです)...

まずは eQSL2Thw が何を目的とするソフトかをお考え下さい。





[158] eQSL2Thw操作について

投稿者: JR6SKQ 投稿日:2019年 2月28日(木)15時35分51秒 pc156.g20.miyako-ma.jp  通報   返信・引用

お世話になっています。沖縄県宮古島市のJR6SKQです。

eQSL2Thwについての質問にご協力ををお願いします。
ログインですがeQSL2Thwを立ち上げてeQSL2Thw内にコールサイン、パスワードを入力してパスワード下のlog InをクリックするとeQSLのオープニング画面になりますがeQSL2Thwのlog Inをクリックするとエラーになります。このlog Inはどのような時に使うのでしょうか?
Archiveのボタンが非アクティブとなってます。いろいろ操作すると一度だけアクティブになって処理が進みQSL受領マークまで進みました。eQSL2Thw初期画面のArchiveボタンをアクティブにするにはどのようにするのでしょうか?
また、QSL受領マークのoldの項目の意味がわかりません。

よろしくお願いします。
前回、イニシャルのみで投稿しました。申し訳ありません。



[157] Re: JTDX送信ができない

投稿者: JA2BQX 投稿日:2019年 2月28日(木)06時13分2秒 p637072-ipngn200507sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用 > No.156[元記事へ]

こんにちは。

> 色々と調べました。ICOMのホームぺージで調べたら、IC-7200には、RS-232Cがないとの内容がありました。

WebでIC-7200の取説を見ています。
背面に「USB端子」があります。専用ドライバーをインストールすると
* CI-Vコマンドによるリモートコントロール.
* 受信音のパソコンへの取り込み.
* パソコンからの変調入
...が出来るとあります。

FT8をやるには音声の入出力とPTTのON/OFFが必要です。
上手く設定すればUSBの1本で出来る可能性もあります。

「モード」については普通は「SSB」モードで全てのバンドで「USB」ですが
リグによってはUSB-Dとか使用もあります。

IC-7200では 【 パソコンからの変調入力を使用するには 】
 「 * D-MOD.:.データモード用 」...との記載もあります。

リグのマニュアルを良く読んでみて下さい。



[156] JTDX送信ができない

投稿者: JF2RYX 投稿日:2019年 2月27日(水)19時40分8秒 p122137-ipngn200302motosinmat.mie.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

色々と調べました。ICOMのホームぺージで調べたら、IC-7200には、RS-232Cがないとの内容がありました。
別の何かで調べた時は、無線機とパソコンを接続すればいいとありましたが、私の勘違いなのでしようか。
現在、インターフェース用にdigiaidを購入する事にしました。
購入後に状況を報告させていただきます。



[155] Re: JTDX設定

投稿者: JA2BQX 投稿日:2019年 2月27日(水)16時31分31秒 p637072-ipngn200507sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用 > No.151[元記事へ]

こんにちは。

下記の「JT65 FAQ」リンクに「PTTは作動しているが変調が掛からない。(送信電波が出ない)」が
あります。

http://jt65-dx.com/jt65-hf_002.html

> 初めまして、自分なりにネットを参考にしてJTDXを設定しましたが、送信時にキャリア音が出ません。

「送信時にキャリア音が出ません」の確認方法は?
リグのモニターで行ったのでしょうか?


ローカルに誰かいれば聞いてもらう。
近い局をコールしてQSO出来るか試す。
リグのマニュアルを再度読んでみる。


レンタル掲示板
161件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.