木彫刻等職人の掲示板



カテゴリ:[ 趣味 ]


26件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[26] やばい

投稿者: 井波キツツキ 投稿日:2018年 7月16日(月)22時00分34秒 p188050-ipngn200303toyamahon.toyama.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

ちょっと忙しくなってきて、展覧会作品が、やばい!

ほんとはありがたいことですが、何とか仕事のお客様に、ご迷惑にならないように、制作出品の方を、頑張ってみます。

http://「




[25] ふしぎ発見

投稿者: 井波キツツキ 投稿日:2018年 7月14日(土)01時15分52秒 p188050-ipngn200303toyamahon.toyama.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

感音性難聴で、一番めんどくさいご迷惑をこうむっておられるのは、間違いなく、親方である。

しかるに、それで罵倒、軽蔑の言葉を浴びせられたことが、一度もない。

弟弟子にも現役の職人にも、そういったものがいない、それが修行の出来た職人なのかと思う。

が、しかし、二人例外がいた。

持ち寄り君こと某継弘、日本ってとってもひどい国君こと某フミアキ‥

どちらも共通項があり、嫁はんが、養護教諭だという事実。

彼らが、どうしてそうなったかは、解るのだが、解るからこそ、軽蔑以外ない。

http://「



[24] 嫁さんと、決意表明!?

投稿者: 辻海雄 投稿日:2018年 7月12日(木)01時00分14秒 p188050-ipngn200303toyamahon.toyama.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

フォークアートオオヤ展覧会の募集期限が来ています。

仕事は、ありがたく忙しいですが、辻海雄の仕事ではないので、辻自身の家族の問題以上のことは、無い。

で、今の仕事を、ガンガン進め、日にちを確保し、制作出品用の時間にあてようかと、家族とお話をし、

その間、無収入で、制作させてもらう方向で行こうと思う。

後は、仕事の状況で、休暇を取るように調整してみたいと思いますが、ひょっとしたら、少しくらいは、覚悟しないといけないかもです。

努力し、そのうえで、「時の流れに身を任せ」でしょうね(*^-^*)

必ず入選するわけでもないのに、なんて言わない嫁はんと子供って、結構優しかったんだと思う。

http://「



[23] まだまだ悟らねば‥

投稿者: 辻海雄 投稿日:2018年 7月11日(水)08時48分32秒 p188050-ipngn200303toyamahon.toyama.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

仕事の方で、茨城のお寺に、納めに参りました。

水鳥の群像で、そのいくつかを、制作担当させていただいたのです。

その寺は、真言宗で、若いときに図から制作までお手伝いさせていただいた唐狭間もあり、勉強になります。

今回、改めて振り返って、ほかの才能豊かな仲間の物と、比較し、個性の違い方を、今までと違うとらえ方ができるようになったことが、収穫です。

プレバト見たく、才能あり、無しと言う素人受けする解りやすいのもよいのですが、

これから、切り開こうというプロであり続けたいから、一人の先人の、指し示す方こそ、希望の道に続く‥

事は、ほぼなくて、出来の良い秀才の道に続いているように思える。

そう思ったら、

「嗚呼、我は、何者だから、秀才になりたいのだろう、まともに、人の話も聞き取れず、

会食にも、サンダルで平気で出かけるバカ者が、どうしたら、利口で真面な者達に勝てる?

これで少しは、悟ったろう!」

そういうことですm(__)m

http://「



[22] フォークアートオオヤ

投稿者: 辻 海雄 投稿日:2018年 5月30日(水)06時58分37秒 p399073-ipngn200206toyamahon.toyama.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

兵庫県で、フォーク系アートコンテストみたいなのがあるようです。

すごい若手天才彫刻家が集まる展覧会で、一度は、入選してみたいと思っていながら、仕事や生活で、本腰を入れられません。

しかし、今年は、努力して、恥ずかしくない、評価を気にせず、思いを表現できれば、出したい。

これには、変わった思い入れがあり、井波でも、一流の知り合いが、井波コンクールに、素敵な「夢見るキリン」とでもいえる、ファンタジーあふれる作品を出して、

周りの客の評価が、すこぶるいいものでしたが、実際に見に行くと、おしりを観客に向けた形で、まるでアンチック屋の雑然とした倉庫でのように置かれていて、何の評価もされていませんでした。

その次の年に、彼が、別の作品を、「フォークアートオオヤ」に出品し、山田洋二賞を受賞、どちらもファンタジーあふれるものでしたが、この評価のギャップに、思うことひとしおでした。

実は、私も、職人として、井波彫刻コンクールに、小さい金太郎を出し、落選展示ですが、見に行っても、どこにも飾ってくれてなくて、会場の隅っこの、ガラス蓋のしてある木箱に、落とし込まれていて、

まるで、お風呂にはまり込んで、助けを待つ赤ちゃんのようでした。

それも、お客様の評価は、悪くなく、京都の、国宝級宮絵師の安川如風氏が、彩色を施してみたいと、買い上げてくださいました。

相変わらず、仕事が忙しいし、子供のこともあり、体力的にも、きついのですが、‥出してみたい。

「フォークアートオオヤ」素敵な展覧会。



[21] Re: 楽しく優秀で、面白い後輩たち

投稿者: 辻 海雄 投稿日:2018年 5月29日(火)12時40分55秒 p399073-ipngn200206toyamahon.toyama.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済 > No.20[元記事へ]

日本はとってもひどい国君も、持ち寄って作ってる継ぐ君も、正しい部分があるけど、なんか上辺きれいで、へらっとした嫌みが、いつも感じられる。

もう一人苦手がいて、感性と論理性は、一応一流で通るのだけど、ちょっと技術が、「日本って‥君」や、継ぐ君」に負ける者がおり、まあ、一流の活躍を、されてはいる。

‥「
>
>
>
>



[20] 楽しく優秀で、面白い後輩たち

投稿者: 井波キツツキ 投稿日:2018年 5月 7日(月)18時45分3秒 p316024-ipngn200205toyamahon.toyama.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

「タナカフミ日本ってとってもひどい国」君と同時に辞めた女流弟子は、男女平等の世でも、もう何の違和感も、無くなった時代に入門したのだけれど、周りの反応が、変では、ありました。

さすがに親方は、なんの変わった扱いの影もなく、私なんかも、どうというものもなかったのですが、

いろいろ仕事のことなどで、聞かれたり、話も、している中で、行ってみれば、ばかみたいに、スプリンター

な気持ちで、修業に取り組んでいるとわかり、続かないと感じました。

どうも単なる浮き沈みを、感性の敏感さと。思いたがっている感じがした。

体育会系の根性体質で、素敵な感性や、繊細なテクニシャンが、大勢いて、むしろ、神経質なものは、線の細

い、弱弱しい表現しかできないのが、いたりする。

フミアキは、せこせこの奴だが、彫るだけなら彫れている。

継ぐは、口ほどのものは彫ってないが、自分の立派な城を持っている。

俺は、プロ相手に言っている、どこかの先生に、「あーらゴーマン!その程度で偉そうに‥」なんて、ど素人に言われたくない。

というのは、非常にいけない行いであるので、やめておく。

で、その神経質な新人は、疲れ果てて、変な方向に救いを求めたか、多くの辞めて行った新人と同様、突然いなくなった。

苦労は、皆同じ、努力も同じ、誰も特別なことは、無い。

私など、家族を彫刻で、養うのに、毎日三時間睡眠が続くのも珍しくない。

それほど頑張って早めに一つ終われば、じゃあ、次からは、それの進み具合で、仕事賃を計算され、

今は、徹夜が、標準。

たまに、一時的に失明状態になるが、一時間寝ると、回復する。

初めての時は、按摩さんになるかと、本気で思ったものだが、一晩寝て、医者にかかったら、原因不明となった。

みんなこんなもんだ。

つづくかも






[19] (無題)

投稿者: 井波キツツキ 投稿日:2018年 5月 6日(日)10時42分51秒 p317243-ipngn200205toyamahon.toyama.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

継君のことはいいとして、「タナカアシフミ日本ってとってもひどい国君」も、どうやら、私と入れ替わって、お祭りパーティーに、来たようでした。

もしタイミングが合ってたら、「ヨウ!日本ってとってもひどい国君」って皮肉ってやったら、

継君が、「せっかく僕が紹介してあげた弟子を、いじめないでください」って、叱られただろうな(*^-^*)

継ぐは、これから、「みんな持ち寄って作るんですね君」って呼んでみるか‥

しかし俺は、「ツンぼで、仕事しかできない君なので、おなじか‥」

幸い、「義男は、仕事以外評価できるところないから」と、言われたとき、日本に名が知られた札所会長様が、間髪入れずに、絶望から救ってくださったひとこと、

「仕事ができれば上等、職人は、その手で、生み出す仕事が、ダメなら、あかんのでないか?」

この一言で、継ぐからふみから、耳の聞こえない足元を見るお方たちを、今も、切れずに、自暴自棄にもならず、無視し、前向きに生きられている。

その、私に、「名」をくれた、高僧は、私に、前向きに「生きろ!」そうってくれている。

また、続けるので、



[18] 最近スターになった弟弟子様

投稿者: 井波キツツキ 投稿日:2018年 5月 5日(土)03時01分59秒 p317243-ipngn200205toyamahon.toyama.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

最近、匿名の面白い方の投稿がなくなり、少しがっかり。

姫路で大活躍の、親方違いの弟弟子が、面白く、よくテレビに出ているのだが、

例えば、「僕に何でも聞いてくれ、どんなことでもお答えしよう」と、ドドンと大写しになったので、期待していたら、それ以降何にもしゃべらず、井波瑞泉寺のからは風に当たる場に鎮座する「唐獅子ボタン」の本邦初公開に近い大事な現場まで登って、の賜った一言が、「これは、松ですね、これは、杉ですね‥」ときたので、

とっさに、ここには、油脂分の多い松を使い、かかる雨を‥という方向から攻めるのか、玄人っぽいなと、字幕に気を付けていたら、「みんなの力を合わせて、作られているんですねえ~」‥

新興宗教の方向性から攻めていらしたのだった(+_+)

彼の彫り物自体には、デッサン力も殺気も生命感もないけど、プラスチックで型出ししたような美しい仕上げが、持ち味と、感じています。

あの「唐獅子牡丹」は、修業時代から気になっていて、スター弟弟子のような頭脳的な切り口で、語ることはできないものの、四方守られた、古刹の最も見晴らしのいい、寺から宇宙につながる場所に、 「王者の風格」「富貴」「高貴」「壮麗」という意味の立派な花に、獅子!が、住まわれておられる。

瑞泉寺を守る、真宗の僧たちの当時の、武士にも近い、気位の現れ、だと思っています。

そんなことを、言っていたら、その大スター彫師様が、私を馬鹿に仕切った顔で、

「何にも知らない僕に、これからもいろいろ教えてください」ってきやがった、むかつくが、私とは比べ物にならないくらい耳がよいので、黙って、メールを返しました‥なんて返したか、もちろん忘れちゃった(+_+)



[17] 新人

投稿者: 井波キツツキ 投稿日:2018年 3月19日(月)07時02分52秒 p360234-ipngn200307toyamahon.toyama.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

新弟子が入り、顔を出しに行った。

前回の、しょっぱなから人の足元を見て出世しようとして辞めて行った君とは、紹介人が違ってか?ものすごく礼儀正しい。

美術系大学出で、これから。

今は何とも言えないが、良い職人になる基礎がある。


レンタル掲示板
26件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.